准看護師と年齢

准看護師の転職 准看護師と年齢

■看護職のワーク・ライフ・バランスについて

看護職のワーク・ライフ・バランスを推進するため、日本看護協会の「看護職確保定着推進事業」の一環実施されているのが「看護職の多様な勤務形態による就業促進事業」です。 これは、厚生労働省の医療関係者研修費等補助金「中央ナースセンター(看護職員確保センター)事業費」により実施されています。 看護職員がワーク・ライフ・バランスを実現して「豊かなキャリアを継続」すること は、「医療施設における人材の確保・定着」および「看護職の専門性の向上」を推進し、「看護サービスの向上」が可能となります。 そのための具体的な行動計画が、医療施設に勤務する看護職員の「多様な勤務形態」の推進であるとして、活動を続けています。

看護職の多様な働き方とは、働く時間の長さや時間帯、場所の選びやすい環境づくりによってもたらされるものです。 交代制の働き方ができたり、看護業務にバリエーションがあったり、常勤・非常勤などの勤務形態の変更が容易にできるようになれば、生涯続けることのできる職業として成り立つようになります。

准看護士などの看護職が、年齢や生涯のイベントに左右されることなく、資格や経験を活かして長く働くことに適した職業になれば、社会福祉の保全にもつながるのではないでしょうか。

■准看護師の平均年齢

厚生労働省によると、平成22年の准看護士の平均年齢は45.1歳。 また平成20年のデータで、准看護士がもっとも多いのは45から49歳までの間であるそうです。 近年では徐々に若い世代が減少しているため、経験豊富な40歳代以降の准看護師の活躍が今後とも期待されているのです。 とくに結婚や出産のために離職した女性の復職を支援するため、医療機関やナースセンターなどではさまざまな研修などが行われています。

■准看護師・・・転職と年齢

「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づいて1992年に設置されたナースセンターでは、再就業が心配な看護職者のために、最新の知識・技術を学ぶ研修会、臨床研修実施の病院紹介、就職相談イベントや個別の相談等を行っています。 年齢を問わず誰でも参加できるそうなので、是非活用したい場だと思います。

また転職のための情報探しは、インターネットの求人サイトがおすすめです。 求人サイトでは転職のためのコンサルティングサービスも行っているので、准看護士としての経験や年齢、給与など、さまざまな条件に合った転職先を見つけられると思いますよ。



准看護師求人サイトランキング!最新人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア お勧め度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★ 詳細



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 准看護師求人.com All Rights Reserved.
[転職] 募集先の探し方 年収 時給 ボーナス 面接 年齢 履歴書 夜勤 志望動機 [地域別] 北海道 千葉県 東京 横浜 名古屋 大阪 福岡 [他コラム] 男性 英語 勉強 初任給 准看護師養成学校 専門学校 奨学金 実習 注射 法律 医師会 受験資格