准看護師の実習

准看護師の他コラム 准看護師の実習

■准看護師の実習

准看護師養成学校のカリキュラムは、基礎科目で105時間、専門基礎科目385時間、専門科目で665時間、臨地実習は735時間となっています。 総合系で1,890時間。 准看護師の臨地実習の割合は36.8%と、カリキュラムのなかでも最も長い時間を費やす重要なものです。

臨地実習には、基礎看護、成人・老年看護、母子看護、精神看護があり、養成所の指定病院において、看護実践に必要な知識・技術・態度を修得するものです。 養成学校の1年次は主に看護や医療の専門的な教科を学び、2年次に6ヶ月間の臨地実習があります。

■看護教育の現場

現在、看護教育の現場では、専門科目の増加により、1科目あたりの教育時間が激減し、求められる資質の養成のための教育時間が不足していることが問題となっています。 看護師3年課程における臨地実習時間は、昭和42年では1,770時間あったものが、平成8年では1,035時間。 約7割の養成所教員が教育年限の不足を認識しているそうです。 医療制度改革によって医療関係職種では教育制度改革を実施しているものの、看護職の教育制度はいまだ改革がなされていないのが現状なのです。

そのようななか、平成22年度より厚生労働省では、新人看護職員に対する研修の推進のために、「新人看護職員研修事業」を立ち上げました。 これは「保助看法」「人確法」の改正により、平成22年4月から新人看護職員の卒後臨床研修が努力義務化となったことを受けたもので、看護の質向上、医療安全の確保、早期離職防止の観点から、こうした研修は不可欠であり、各病院・施設での実施も努力義務となっています。 平成23年度は、更なる普及・推進を図るため、病院等が実施する新人助産師・新人保健師の研修、都道府県が実施主体となる教育担当者・実施指導者の研修に対する支援が、新たに追加となりました。 この研修体制の充実は、新人看護職員の離職防止や、指導を担う中堅看護職の負担軽減にも有効です。

■准看護師の転職と実習

看護の現場で経験を積み、スキルアップするために看護師を目指す方も多いようです。 准看護師のスキルアップのための転職には、インターネットの求人サイトが便利です。 日々更新される最新の求人情報にアクセスできるので、希望に合った転職先を見つけることができると思います。 転職をサポートしてくれるキャリアコンサルティングサービスを受けることができるサイトもあるので、是非ご利用ください。



准看護師求人サイトランキング!最新人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア お勧め度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ★★★★★ 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★ 詳細



▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 准看護師求人.com All Rights Reserved.
[転職] 募集先の探し方 年収 時給 ボーナス 面接 年齢 履歴書 夜勤 志望動機 [地域別] 北海道 千葉県 東京 横浜 名古屋 大阪 福岡 [他コラム] 男性 英語 勉強 初任給 准看護師養成学校 専門学校 奨学金 実習 注射 法律 医師会 受験資格